ランチャーウインドーぱむ屋のEIJさんが、また便利なpalmウェアを発表してくれました。PetitLaunchという、PalmOS5.Xデバイスで、キーボード付きのものを使っている方には、とっても便利なランチャーです。
Treo650やT|C、そして勿論Clieにも使えます。僕は、ClieのPEG-UX50を使用していますが、凄く便利に使えます。
実は、このアプリ、EIJさんがmixiでプロトタイプを公開してくれて、mixiの日記でもファーストインプレッションを書いたのですが、正式版が公開されたら、blogで掲載させていただこうと思ってました。ということで、約束どおり、掲載です。

このアプリは、palmデバイスのハードキーのどれかを押すとランチャーが起動し、キーボードを使っているときに、いちいちスタイラスを使わないでもアプリを起動させたり、システムコマンドを実行させることができるという機能を持っています。
ランチャーですから、本来は、アプリの呼び出しと起動が主目的になるんでしょうが、起動できるのは、単純なアプリだけではなく、DAアプリや、コピー、切り取り、貼り付けなどのシステムコマンドも呼び出せるというのが売りです。
指定したハードキーを押すと、小窓が現れ(小窓に猫ちゃんのマークが付いていて、とてもキュートです)、その小窓に登録したアプリやシステムコマンド名をキーで書くと、アプリやシステムコマンドを呼び出せます。このとき、インクリメンタルサーチが効きますので、初めの1文字を書いた時点でその文字で始まるアプリが呼び出されます。そして決定(改行)、変換(スペース)キーを押すと呼び出されたアプリやシステムコマンドが起動します。

では、UX50で使う例を基に設定の仕方を説明しましょう。

PetitLaunchを起動させると、右上の▼をクリックすると、「Command」「Short Cut」「Setting」の3つのメニューがプルダウンで出てきます。

settingメニュー初めに「Setting」メニューで、ランチャーをスタートさせるハードキーを設定します。UX50には、ご存じのとおりハードキーが3つしかありません。ブラウザキー、メーラーキー、スケジューラーキーの3つです。基本的に、PetitLaunchをUX50で使うには、この3つのハードキーのうちのどれかをランチャー機能をスタートさせるキー(Start Trigger)に指定して使うことになります。
HardKey1がブラウザキー、HardKey2がメーラーキー、HardKey3がスケジューラーキーになります。
例えば、HardKey2のメーラーキーをStart Triggerに指定する場合は、「Start Trigger」の右の▼をタップして、出てくるプルダウンメニューでHardKey2を指定します。
なお、このプルダウンメニューでUX50で選べるのは、HardKey1〜3までで、そのほかはTreoなどでしか働きません。
この「Setting」メニュー画面の一番上の選択項目で「Enable」を選ぶとPetitLaunchが有効になります。
また、その下の「Auto enable after reset」は、UX50ユーザーは、チェックしておいた方が使い勝手が良いと思います。というのは、省電力モードを使って電源をオフにして、再び起動した場合には、システム的には、ハードリセットがかかる状態になるので、このチェックをしておかないと、例えソフトリセットをしていなくても、省電力モードから立ち上げる度にPetitLaunchを起動させて、「Enable」を選ばなければならなくなります。
ですから、省電力モードをよく使う人は、このチェックは忘れないようにしましょう。

commandメニューつぎに、「Command」メニューは、ランチャーで呼び出すアプリやシステムコマンドを登録するメニューです。
はじめに、現在登録されている(つまり呼び出せる)アプリやシステムコマンドの一覧画面が表示されます。初めて起動したときは、当たり前ですが何も登録されていないので、一覧には何も表示されません。
「New」ボタンを押すと登録できるアプリとシステムコマンドの一覧画面になります。ここで、右上の▼をクリックすると、「Application」と「System」を切り替えることができます。「Application」でアプリ(DAアプリ含む)を、「System」でシステムコマンドの一覧を呼び出せます。
commandのapli画面登録したいものを選んで、「OK」ボタンを押すと、先ほどの登録一覧の画面に戻ります。登録したアプリやシステムコマンドが一覧に加えられているはずです。この作業を繰り返して、呼び出せるアプリを登録していきます。
システムコマンドの場合は、最初に「.」が付いています。
この画面の右下に上下の矢印ボタンがありますが、これは、呼び出せるアプリの順番を変えるためのものです。一覧表示では、呼び出したときに上にあるものが上位に表示されます。
commandのsystem画面例えば、ClieMailとCrsMemoとClieTools2というアプリが登録されているとします。指定したハードキーでランチャーをスタートさせて、小窓を表示させ、「C」というキーを押すと、インクリメンタルサーチが働き、「C」で始まるアプリが表示されます。ClieMailとCrsMemoとClieTools2の順番で登録されていると、最初に表示されるのが、ClieMailになります。最初に表示させるアプリをCrsMemoにしたい場合は、上下の矢印を使って、一覧でCrsMemoをClieMailよりも上の位置に移動させることで、CrsMemoを最初に呼び出すことが可能になります。
アプリやシステムコマンドを登録するときに、デフォルトでは、アプリ名やシステムコマンド名をそのまま登録する仕様になっていますが、登録する名前は自由につけられます。この機能を上手く使うと、頭の一文字を入力するだけで、アプリやシステムコマンドを呼び出すことができるようになります。
例えば、作者のEIJさんは、「EasyCalc」というアプリを「Calc」と、「Xiino」を「Web」、「PaPi-Mail」を「Mail」と登録し、呼び出しやすく工夫しているそうです。アプリのなかには、名前を覚えにくいものもあるし、覚えるのが得意じゃない人は、この方法を試すのも良いかと思います。

shortcutメニュー最後に「Short Cut」メニューですが、ここでは、ハードキーに特定のアプリやシステムコマンドを割り当てる機能を設定できます。
Start Triggerに指定したハードキーを押すと、ランチャーの小窓が現れます。このときにアプリやシステムコマンド名をキーボードで打って呼び出すのが通常の使い方なんですが、PetitLaunchには、小窓が現れた時点で、ハードキーを押しただけで、呼び出せるアプリを指定できる機能があります。
UX50を例にとって説明すると、HardKey1(ブラウザキー)、HardKey2(メーラーキー)、HardKey3(スケジューラーキー)にそれぞれアプリやシステムコマンドを指定できます。
例えば、HardKey2(メーラーキー)をStart Triggerに指定したとします。PetitLaunchを呼び出さずに、HardKey1(ブラウザキー)を押した場合は、ブラウザーNetFrontが起動します。同様にHardKey3(スケジューラーキー)を押した場合は、スケジューラーが起動します。
しかし、このメニュー画面で、HardKey1にAddrexを、HardKey2にPookを、HardKey3にCrsMemoをそれぞれ指定したとすると、PetitLaunchを呼び出した時点で、HardKey1を押しただけでAddrexを、HardKey2を押しただけでPookを、そしてHardKey3を押しただけでCrsMemoを起動させられます。この機能を使うことで、ハードキーに2つのアプリを指定できるのです。
この辺の機能を上手く使うと、PetitLaunchをより有効なアプリにできそうです。

僕は、HardKey1にCrsMemoを、HardKey2にClieMailを、HardKey3にAddrexをそれぞれ指定してあります。この指定で、PetitLaunchを使うときとそうでないことの切り替えで、3つのハードキーで、5つのアプリを起動できるようになりました。 アプリの代わりに、システムコマンドを指定するというのも有効かもしれません。

このように、PetitLaunchはUX50も含め、キーボード付きデバイスには打って付けのアプリです。しかも軽いし、ほかのキーボードユーティリティとも共存できます。
UX50ユーザーは、勿論のこと、palmのキーボード付きデバイスをご使用の皆さん、兎に角一度使ってみてください。