キーボードの不具合を何とかするために、キートップに例のシールを重ね貼りして みました。
重ね貼りしたのは、空うちに悩まされている“H”。これで、少ない力で、空打ちもな く押下できるようになりました。このことで、 少しわかった気がするのですが、できるだけ真上からキーを押下するようにする と、上手く認識してくれますね。
これは、2度打ちで困っている“S”と“D”も同じことで、これも真上から押下するよう に気をつければ、2度打ちにはならないよう です。
まぁ、でも神経を使いながらキーボードを打つというのは、精神衛生上良くないの で、もう少し抜本的な方法で解決策を探らないと いけないかもですね。修理に出すと、多分キー全体を取り替えるようになるんだと 思うのですが、う〜む。悩むなぁ。