先月の半ばぐらいに、ネットの仲間たちとSkypeで話をしていたときに、iPhoneについて話をしました。

その際、日本でiPhoneが発売されたときに、どう受け入れられるのかということが話題になりました。
僕のように既にPDAやスマートフォンを使っている人間からすると、タッチパネルでの長文入力には限界があるだろうし、PCとの連動というPDA本来の使い方が必要になってくるとすると、日本の社会の携帯電話の使われ方から、爆発的な普及には疑問詞が付くのでは、という意見がありました。
僕自身もこの意見にまったく否定的ではありません。
アメリカでは、携帯でのメール文化というものが日本ほど普及していないことなどから、そもそも、スマートフォンでは会話が出来れば良しとするのでは、ということも話題に上りました。
また、iPhoneのタッチパネル入力が秀逸で、これに慣れると、逆にキーボードでの入力が煩わしくなるという意見もあったと記憶しています。
であったとしても、恐らく値段が6万円台後半から7〜8万円になるのではという予想から、日本の特に若い人たち、日本の携帯文化を背負って立っている女子高校生などに、受け入れられるのだろうかという疑問があったわけです。

ただ、これが、電話が出来るiPodというコンセプトで出てくれば、それなりに若い人も触手が動くのではという期待感もあったわけなんですが、では、一層のこと、日本では携帯とiPodの両刀使いは既に浸透しているので、電話が出来るiPodから、電話機能を抜く、つまり、iPhoneからPhone機能を抜いて、市場に出したらどうなるのかという宿題を今回、Appleが日本社会に突きつけてきたわけです。
ディスプレイの縦横表示のシームレスな変換や、指を使った画面ズームなどのギミックは、iPhoneそのままに、iPodにWI-FI機能を付加し、動画再生機能を強化し、どうしてそれでもこんなに薄いのというデザインで出してきました。

まぁ、日本のキャリアとの調整がなかなか埒が明かないので、こういった答えをAppleが出してきたのかもしれないのですが、こう考えてみると、iPod touchは、PDA機能付きのiPodというところで、日本では、電話機能が無くても十分に使いこなしている人が沢山いるTreoと同じようなコンセプトで使う人がかなりいらっしゃるかもし れないなと思ったりしています。

正直に言って、僕は、つい最近Advanced/W-ZERO3[es]を手に入れたばかりので、現状では敏感に触手が動くわけではないのですが、かなりクラッと来ています。
ディスプレイの大きさや、ギミックの巧みさをまだ身を持って体験していないから、現状では、何とか留まっています。ただ、iPodはまだ持っていないので、もしiPodを買う気になったら、恐らく買っちゃいますよね。

全く話が変わりますが、このiPod touchのコンセプトって、SONYが少し前に出したmyloに近いんですかね。iPod touchSkypeが使えれば、正にそんな感じですよね。う〜む。またしてもSONYは、後発のAppleに出し抜かれちゃうのかなぁ。
まぁ、これは今回のお話とは少し違うので、これくらいにしておきましょう。
さて、皆さんは、iPod touchどうお考えですか?