PEG-UX50で作るblog

このページのコンテンツは、基本的にPEG-UX50をはじめW-ZERO3、iPhoneなどモバイルデバイスで作られています。

iPad

iPad mini5

画像1今週の火曜日。11月13日。仕事が終わってから、偶々、友人に付き合って銀座に出かけた。
用向きが終わって、アップルストアを覗いたのがいけなかった。入り口を潜った途端に、僕の目の前で、スタッフが両手を差し上げて叫んでいた。
「本日最後の2台。白と黒の64GBです。」
その最後って言う言葉が、何時もは優柔不断な僕を突き動かした。何の迷いも無く、躊躇せずに手を伸ばした。僕の隣にいた親父が先ず白をゲットした。間一髪、僕は最後の黒を抑えた。
と言うドラマチックな出会いから、iPad miniのオーナーになった。
家に帰って、箱を開け、アクティベートを終えて、ディスプレイをじっくり眺めて見ると、今迄は、3rdジェネレーションのiPadを使っていたので、何と無くチープなディスプレイに始めは正直落胆した。
ただ、少し使ってみると、これが実にハンドリングがイイ。iPad miniは、3rdジェネレーションのiPadの半分以下の重さ。重量308gは、両手で抱えて持つのには、丁度良い重さだ。また、ほぼA5版サイズの大きさは、ランドスケープでもポートレートでも持つには絶妙のバランスだ。両方の手の平の指の付け根でiPad miniを抱え、親指でキーをタップする。
何かこのスタイルは、PEG UX50を彷彿させる。僕にとっては、非常に懐かしく安心感の有るスタイルだ。
このハンドリングの良さは買いだ。今迄のiPadでは、プライベートで休日に持ち歩くのはちょっと気が引けたが、iPad miniなら、プライベートでも持ち歩くのに苦ではない。プライベートでは、iPhoneがあるので、一々iPadを持ち歩く必要はないだろうと思っていたが、miniの大きさと重量では、持ち歩く気が沸く。
今は、iPhone5と公私何方の場面でも持ち歩いている。EMOBILEのポケワイは、僕のお下がりのiPhone4SをiPod touchとして使っている相方に持たせて使ってもらっているので、WIFIの使えない所では、iPhone5のデザリング機能を使ってネットに繋いでいる。
ただ、iPad miniのCPUはA6だし、RAMは512MBしかない。そしてディスプレイはRetinaではない。今迄、Retinaディスプレイの3rdジェネレーションのiPadを使っていた身とすれば、これは非常に残念だ。何と無く黄色っぽいし、薄っぺらい感じがする。
この辺りは、恐らく次のモデルチェンジで、解消されると思われる。それ迄、半年になるのか1年になるのか分からないが、待つ事になる。
iPhone5と3rdジェネレーションのiPadを使っているのであれば、それまで待つ事も賢明な選択肢の一つだと思う。じゃあ、何故お前は買ったのかと問われると、矢っ張りこの軽さとハンドリングの良さに非常な魅力を感じたからだ。今でこそ、スマートフォンが普及し、誰でも使う環境が整備されたが、その昔、当blogのタイトルにもなっているPEG UX50などのCLIE、Palmデバイス、或いはシャープザウルスなどのPDAを使っていた者からすると、大きさ的には少し大きいのだが、PDAデバイスとしての魅力を感じるのだ。
現在の僕は、仕事でiPadが手放せないが、iPad miniならバッグの中に入れておいても、重さの点では苦にならない。狭いところで、或いは立ったままでのメモでも、ハンドリングの良さが本領を発揮する。
スペックでは、iPad2と同じなので、二昔前に戻った感じがしないでもないが、ディスプレイが7.9インチということで、キビキビ動く印象が強い。同じスペックでもこう言った所のチューンナップは流石にアップルだ。
まぁ、まだ使い始めて1週間にも満たないが、始めての印象よりも使い込む毎に魅力が増してきた。スティーブ・ジョブスには申し訳ないが、7インチパネルも満更でもない。
iPadに比べれば、安価でもあるし、諸般の事情でiPhoneが使いたいけど使えず、未だにフューチャーフォンを使っている人なんかにはお薦め出来るデバイスだ。

Atok padと7notes5

iPadに対応していなかったAtok padがユニバーサリーアプリにバージョンアップし、iPadでも使えるようになった。
iPadのメモアプリとしては、7notesというアプリを使ってきたが、Atok padがiPadに対応する様になったことで、iPadでのメモアプリに、少し選択肢が増えた。
7notesの方は、iPhone版も既にリリースされており、iPhoneでも7notesを使う場面が増えていたのだが、先週末、仕事でiPadのメモアプリを使う機会があったので、意識してAtok padを使ってみた。今回は、その時感じたことを中心にiPadでのメモについて、少し考えてみた。
7notesは、使っている方は既に良くご存じの通り、特徴は、その手書き認識能力にある。悪筆の僕の字でも可なりの精度で認識してくれる。専用の手書きパッドを手に入れれば、紙のメモ帳にメモをする感覚でメモが出来る。しかも、それが、瞬時に活字化される。手書きでザッと入力だけしておいて、後で変換することも出来る。
ただ、Bluetoothキーボードを使って文章を入力する場合は、デフォルトのメモアプリとそんなに機能は変わらない。寧ろ、キーボードで文章を入力することでは、レスポンスはデフォルトのメモアプリの方が良いかもしれない。
そこで、このAtok padの出番だが、iPadでBluetoothキーボードを使って文章を入力する場合は、7notesよりもレスポンスが良いと感じた。
それに、何よりAtok辞書が使えるのは、ありがたい。また、昔から使い慣れているAtokのコマンドに近い操作が出来るのも魅力だ。例えば、日本語入力のまま、「c」「l」「o」「c」「k」と入力すると、「cぉck」という表示になるが、ここで、[alt(option)キー]+[0](数字0)キーで、ちゃんとclockと変換される。つまり、Atok標準のコマンドキーの、[F10キー]の押下と同じ役割だ。同じ要領で[alt(option)キー]+[6]で平仮名変換、[alt(option)キー]+[7]で片仮名変換といった具合だ。
つまり、ファンクションキーと同じ役割を果たすのが[alt(option)キー]で、[fn]キー+ファンクションキーの機能が[alt(option)キー]+数字キーということになる。
一度でもAtokを使って文章入力に慣れた人は、この組み合わせは覚えてしまえば、分けなく使える。
もう一つ、今迄気付かなかった機能で、入力時、単語変換をするときに、スペースバーを押下して、単語をハイライト表示させると、国語辞書機能が働いて、意味がポップアップされるのも嬉しい機能だ。
それに、Evernoteと同期が図れるのも有り難い。これで、iPadとiPhoneでメモが共有できる。しかも、同期のタイミングも細かく設定できる。自動で30分毎といった設定も出来る。
手書き入力を使わないのであれば、Atok padも可なり使い勝手の良いアプリではないでしょうか。
目下、僕の周辺では、ポメラのDM100が注目を浴びているが、iPad・iPhoneとの同期という点では、個人的にはDM100とiPad、iPhoneの組み合わせには、Apple純正のBluetoothキーボードとiPad、iPhoneの組み合わせで十分対応出来ると思っている。
僕のiPadにもiPhoneにも、広辞苑と研究社の英和・和英中辞典がインストールされているので、Atokの国語辞書機能で賄えない場合は、広辞苑で意味を確認できるし、英単語などは研究社の英和・和英中辞典でチェック出来るので、基本この組み合わせで現状は過不足がないのである。
したがって、まだ当分の間は、ポメラニアンにはならなくてすみそうである。

モレスキンiPadケースとLAMY2000 4色ボールペン5

限定で発売されたモレスキンのiPad用ケース。モレスキンのノートが付属してます。
しかも、このノートが一寸特殊。まだ市販されていません。表紙は、黒のソフト仕様。ページ数は、96ページ。何処を探してもありません。
そうなると、迂闊に使えないなと言うことになります。でも、折角の付属のノートを使わないと言う手はありませんよね。
どうにか、このリフィルを手に入れたいなと思い、遂にこの間、モレスキンに問い合わせのメールを送らせて頂きました。
そんなに早くは、回答がないだろうなと思っていたのですが、何と、メールで問い合わせた翌日に、担当の方から、メールで回答を頂きました。
このレスポンスの早さに先ずは、感動です。そして、肝心の回答結果ですが、今年の4月頃に発売予定だとのこと。個人的には、もう少し早く発売して欲しいのですが、発売されないのではなく、そう遠くない時期に発売されると言うことをメーカーから直に聞けたと言うところが、素晴らしい成果です。
と言うところで、ようやく、最近になって、iPadで資料を見ながら、モレスキンのノートに、これまた最近購入したLAMY2000の4色ボールペンでメモをすると言うモレスキンのiPad用ケースのアンサンブルを使えるようになりました。
この組み合わせ、中々素晴らしいコンビネーションです。暫くは、こういった使い方を継続し、自分なりの使い方を確立したいなと思っています。

iPadとiPhone4


また、また、相当こちらは、ご無沙汰してしまいました。書きたいことが、なかった訳ではないのですが、それが或る程度溜まってしまうと、書くことが出来なくなってしまうという変な循環に陥ってしまい、中々、書けない症候群になってしまっていました。
まぁ、これは、単にサボり癖だろうと言われてしまえば、それ迄で、言い訳にしかなっていないと、お叱りの向きには、返す言葉がありません。(^^;)

まぁ、それは、さて置き、今回は、ここ2〜3ヶ月の僕のモバイル系の環境が劇的に変化したこともあって、その言い訳を聞いてもらいたいと思っています。

6月、Appleの怒涛の攻撃の中、守備良く、iPadiPhone4の両方をゲットしました。
時系列的に言うと、初めにiPadをゲットし、それから一週間も経たないうちに、iPhone4が発売されるということで、忙しい新製品ラッシュでした。
iPhone4は、手に入れるつもりで、貯えもしていたのですが、iPadは、当初、様子見しようと決めていたにもかかわらず、色々とありまして、仕事で使える可能性を探る必要が出たため、人柱的にゲット。
ここで、iPadを3G+WiFiにするか、WiFiオンリーにするか、かなり迷いました。直ぐに、iPhone4もやって来るし、出来るだけ、モバイル回線料金を低く抑えたい。そう言うことから、ここは、WiFiオンリーを選びました。メモリー容量は、迷わずに64GBをチョイス。
でも、実際にiPadを手にしてみると、やっぱり、何処でもネットに繋がりたいという、欲求に狩られて来ました。
そこで、色々ググったり、家電量販店などの店員さんのお話などを聞き乍ら、選択したのが、イーモバイルのポケットWIFI。D25HW。所謂、ポケワイという奴です。こいつを2年縛りではありますが、1円で購入。それに、モバイルプラザで拡張バッテリー(所謂でかバ。これは、少し値段が張り12,600円でした。)を搭載して使うことにしました。
それと、周辺機器としては、iPad購入と同時に、 アップル純正の Bluetoothキーボードも購入しました。
実にこれが快適。ノートブックパソコンを使えば、という方もいらっしゃるかとは思いますが、iPadは、遥かにノートよりも取り回しが良い。それに、Bluetoothキーボードも暈張りはしますが、それでも、ノートブックパソコンを持ち運ぶよりも軽いです。要するに、機動性が良い。テキストを打つには、もしかしたら、ベストの組合せの1つかもしれないです。
とりあえず、この環境は、今の僕にとっては、非常に心地良い環境です。その理由を今回は、書いて行きたいと思います。iPadiPhone4のインプレッションは、他の方々が色々と書いていらっしゃるので、そういう情報が欲しい方は、そちらの方をご覧ください。

では、先ず、iPhoneとiPadをどうやって使い分けて、どういう連携をつけ乍ら使っているかというところをお話しします。
始めに、現状の通信料金体系について触れておきます。
iPhoneは、イーモバイルのポケワイを導入したことから、4にした時に、パケットし放題forスマートフォンというコースで契約し、ソフトバンクの3Gモバイル通信はオフで使うということをしていたのですが、この間、尾瀬の至仏山に登った時に、イーモバイルが圏外になってしまったので、ほんの少しの間だけ、3Gモバイル通信をオンにしたのですが、その間の僅か数通のメールの受信だけで、上限に達してしまったことから、意味がないなと思って、現状では、パケットし放題フラットというコースで1ヶ月4,410円をモバイル通信料として支払っています。
そして、イーモバイルのポケワイは、 データプラン+にねんM というコースで1ヶ月3,980円(始めの12ヶ月は3,980円それ以後4,980円)を支払っています。
ポケワイは、僕の通常の生活圏では、ソフトバンクの3G回線よりも電波状態が安定しており、スピードも早いので、通常は、ポケワイを常時オンにして、iPhoneとiPadの両方をWIFIでネットにつなげています。
ポケワイを導入した理由なのですが、1つには、僕のiPadはWIFIオンリーなので、それを何処でも使えるようにするためです。であれば、3G+WIFIをゲットすればよかったのではという考えもあるのですが、先程、述べたように、イーモバイル回線の方が、ソフトバンクの3G回線よりも電波状態が安定していることと、WIFI経由であれば、母艦を介さずともApp.Storeで制限無くアプリを購入出来るというような利点もあるし、価格が安いということもあって、 WIFIオンリーを選択した訳です。
それともう1つの理由は、うちの相方の田舎の新潟県糸魚川でも安定して通信が出来るということです。糸魚川の我が家では、今迄、ソフトバンクの電波が不安定で、電話の通話は何とかできるのですが、3Gモバイル通信は結構不安定だったので、ポケワイを導入する際に、我が家でちゃんと使えるかをイーモバイルに確かめてもらってから、購入したのです。お陰で、今では、ストレス無くネットにつなげられます。しかも、ポケワイは、WIFI経由であれば、5つ迄の機器をつなげられますし、USB経由も足せば、全部で6つの機器が同時につなげられます。
これで、こども達と一緒に来た時も、家族全員がストレス無くネットにつなげられます。
因みに、我がオフィスでは、同じフロアーに僕を含め4人のiPadユーザーがおりますが、この方々、皆さん、僕のポケワイ経由でネットにつながってます。

ネット回線については、大体こんなところです。
さて、次は、iPhoneとiPadの使い分けですが、これは、今でも確定的な使い分けをしているとは、言い難いところです。ただそれでも、使い始めて2月程経ちますので、それなりに、自分の中では、使い分けが出来て来ています。

先ず、iPhone4ですが、これは、今迄のiPhoneと使い方は、基本的に変わっていないです。ただ、iPadと併用するようになって、iPhoneだけを持ってでかけるということが少し減ったかもしれないです。
通常の買い物やウォーキング、山歩きなどには、当然、iPhoneだけを装備して行くのですが、通勤、或いは、少し時間をかけられる外出時などには、iPadもザックに入れて持ち歩いています。
iPadは、今迄、僕がiPhoneで無理してやって来ていたことを補完してくれる働きがあるのです。なので、その補完する部分は、積極的にiPadに変えていると言えるかもしれません。
では、今迄、僕がiPhoneで無理してやって来ていたことの補完というのは、どういうことかということですが、これは、主に、仕事に係る部分です。一番大きいのは、仕事関係の紙の資料を全てPDFファイルにして、iPadに入れて持ち歩くということですかね。
しかも、そのPDFファイルを閲覧するだけではなくて、マーカーを引いたり、注釈を入れるということが出来るので、これは、意外に便利に感じるビジネスマンも沢山いるのではないかなと思っています。
特に、管理職の方で、会議などの度に膨大な資料を配られ、それに、目を通さなくてはならないような方々にとっては、こういう使い方には、興味がある方がいらっしゃると思いますね。
僕は、以前から、iPhoneにAji AnnotateというPDFファイルに注釈を入れることが出来るアプリを使っていたのですが、遺憾せん、iPhoneでは、ディスプレイが小さ過ぎて、使い勝手がイマイチだったのです。これが、同じメーカーからiPad用にiAnnotateという同じ機能があるアプリがあって、iPadで、これを使うと、今迄、不自由だったことが、いとも簡単にやって除けられるようになりました。
ただ、iPadでは、1つのファイルを複数のアプリで使い分けることが基本的には出来ません。なので、PDF閲覧アプリ毎にファイルを用意しなければならないし、フォルダー管理という概念がないので、資料を上手に整理することがイマイチ出来ないのが問題です。
そこで、僕は、GoodReaderというアプリを使って、PDFファイルをプロジェクト毎に フォルダー分けして、注釈を入れる必要があるファイルをGoodReaderのシェア機能を使って、iAnnotateに送って、注釈を入れたり、マーカーを引いたりしています。
目下の問題は、iAnnotateで編集したPDFファイルをGoodReaderに送り返して、GoodReaderで全てのファイルの管理を行いたいと思っているのですが、そこのへんが迄出来ないというところです。
ではありますが、この使い方は、1つのビジネスモデルになるのではないかなと思っているところです。というのは、現にうちのオフィスで、この使い方をiPadユーザーで検証している所なので、もしかしたら、近いうちに、もう少しこの使い方が確立出来るのではないかと思っているところです。

その他のiPhoneを補完してくれる機能としては、電子書籍を読むということが挙げられます。
ビューンで、雑誌を読んだり、i文庫HD青空文庫や自炊してPDF化した本を読んだりするのは、今迄はiPhoneでやって来ましたが、iPhoneでの読書も今でも行ってはいるのですが、やっぱり、大きなディスプレイを使って読めることで、iPadでの読書の方が、僕には目に優しいかなと思っています。
でも、寝乍らの読書は、iPadで行うのは、不可ですね。そのまま寝陥すると、顔面に相当のダメージを負う可能性がありますからね。したがって、ベッドサイドでの使い道としては、やはり、従来どおり、iPhoneということになりますかね。
寝乍らの作業ということになると、朝起きて、朝一で天気予報、占い、ニュース、メール、そしてtwitterの確認は、iPhone。そして、夜寝る前に、twitterのTL確認もiPhoneの出番ということになります。

ともあれ、先程述べたように、iPhoneを補完する用途でiPadが使われているので、相対的にiPhoneの出番が少なくなっているという所ですかね。

因みに、このエントリーは、糸魚川の我が家にて、iPadとアップル純正のBluetoothキーボードの組合せで、Pagesを使って下書きを書いて、写真はPENで撮って、iPadカメラコネクションキットで、iPadに取り込み、Photopadでサイズをリサイズし、LDBlogを使って、livedoor blogにエントリーしたものです。その際、iPadのiPodからはBGMを流し乍らの作業でした。因みに、iPadのスピーカーから出る音は、筐体が大きいせいなのか、iPhoneに比べてエキセントリックにならず、BGMにするには、中々グーなんですね。
ともあれ、繰り返しになりますが、このくらいの長さの文書を書くには、iPadとアップル純正のBluetoothキーボードの組合せは、最適かなと思ってます。
この組合せは、ノートブックパソコンよりも場所を選ばずに使えるし、パワースイッチを押して、アプリを開くだけで、もう作業を進められますからね。そして、ネットにさえつながれば、あらゆる情報も簡単に手に入るし、参考に出来ます。一寸したレポートも簡単に書けそうです。しかも、iPadのバッテリーはかなり持ちます。文書を書くだけなら、20時間以上使ってられるかなと思ってます。
それと、ポケワイのでかバも無敵です。繋ぎっ放しで、これも20時間は大丈夫かなという感じです。
なので、この組合せとiPhoneとPENを持って、旅に出る。糸魚川に滞在するというのは、目下の所、ベストの環境と言えますかね。
livedoor プロフィール
Recent Comments
Categories
QRコード
QRコード
Monthly Archives
訪問者数

    W-ZERO3応援団
    W-ZERO3応援団
    Twitter
    Clock



    現在、下記のCLIEサイトでこのblogが紹介されてます。

    私のデジタル手帳は「クリエ」PEG-UX50です
    Voice blog
    PEG-UX50で作るVoice blog
    只今、上記サイトで絶賛放送中!!!
    My Favorite Musician
    Amazon検索

    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
    真花さんのページ
    mica_bunner

    • ライブドアブログ