先週の土曜日の朝、目が覚めていつものとおり充電中のAdvanced/W-ZERO3[es]を手に取って、パワーボタンを押したのですが、画面が黒くて、何やら虹色の線がディスプレイに走っています。
これって、経験上ディスプレイが壊れた状態です。
まいりました。でも、まぁ仕方がないので、何時でも待機中のW-ZERO3[es]を取り出し、microSDカードをミニSDカードにするアダプターに収納し、Advanced/W-ZERO3[es]のW-SIMをW-ZERO3[es]に挿して起動。これで、W-ZERO3[es]が直ぐに復活。スマートフォンとして機能開始です。
で、仕事に行った帰り、秋葉原のウィルコムプラザにAdvanced/W-ZERO3[es]の修理を出してきました。
で、先週一杯、改めてAdvanced/W-ZERO3[es]の変わりにW-ZERO3[es]を使ってみたのですが、とりあえず、PIM管理は、問題なくできるものの、細かなところで、やはりAdvanced/W-ZERO3[es]のありがたみが分かった気がします。
その辺りを少し今日は書いてみます。

今月に入って、我が社では、グループウェアのバージョンアップがあり、大分機能が一新され、使い勝手が良くなりました。これは、僕が情報セクションに注文を出していたことの一部が反映された形になっており、本当にありがたいと思っています。
その一つが、PIMデータがCSVファイルでエキスポートできるようになったことと、反対にCSVファイルをインポートできるようになったことが上げられます。これで、PDAのPIMデータと同期が出来るようになりました。これは助かります。
それと、スケジュールを携帯電話のメールにデータとして自動的に送信できるようになりました。これで、Advanced/W-ZERO3[es]にグループウェアで入れたスケジュールデータがメールで飛んで来るので、後は、それをAdvanced/W-ZERO3[es]のスケジュールに登録するだけで、グループウェアのスケジュールが2度書きせずにAdvanced/W-ZERO3[es]のスケジュールにも登録できます。
これが特にありがたい改良点です。
ところが、W-ZERO3メールのスケジュール登録って、W-ZERO3[es]のW-ZERO3メールではデフォルトでは出来ないんですね。どうも別のアプリをインストールすることで、出来るようにはなるらしいのですが、それを知らなかったので、折角便利になった機能が使えず、先週は少しイライラしてしまいました。やはり、この辺、Advanced/W-ZERO3[es]は便利ですね。

で、その修理に出していたAdvanced/W-ZERO3[es]が、一昨日の金曜日に完了して戻ってきました。僕は、W-VALUE SELECTでAdvanced/W-ZERO3[es]を買ったので、今回の修理費は、2,100円。でも、コインが使えたので、実質的には無料で修理完了です。キーボードのガタやヘッドセットとACアダプターのふたのゴムも伸びちゃっていたのを新品に交換してくれていました。ありがたいことです。
Advanced/W-ZERO3[es]用のまもるくんで、今回は、寝ている間に何かがAdvanced/W-ZERO3[es]のディスプレイに落ちたかなにかしてディスプレイが壊れてしまったようなので、やはりガードをした方が良いかなと思い、秋葉原に取りに行った序でに、モバプラで、Advanced/W-ZERO3[es]用のまもるくんを買ってきました。
それと、今迄は、Advanced/W-ZERO3[es]購入時にサービスで付いてきたディスプレイ保護シートを使ってきたのですが、これは真ん中にAdvanced/W-ZERO3[es]の文字が書かれているもので、意外に見にくかったし、プライバシー保護用なので、ディスプレイが暗い印象がありました。そこで、折角モバプラに行ったので、Advanced/W-ZERO3[es]用のOverLay Brilliantも買っちゃいました。
Advanced/W-ZERO3[es]用のまもるくんは、弾力タイプの黒で、手にしっかり馴染みます。ただ、透明のプラスチックの液晶保護カバーが付いているのですが、この開け閉めが一寸骨です。まぁ、でも大事なAdvanced/W-ZERO3[es]を衝撃から少しでも守るためには、やはりこのくらいの努力はしないといけないですかね。スーツの胸ポケットにも、少し抵抗がありますが、何とか入るので、この辺は良しとしましょう。

8GBの証しさて、で、今迄、Advanced/W-ZERO3[es]には、2GBのmicroSDカードを挿していたのですが、音楽データや画像データを持ち運ぶと、2GBは、直ぐに頼りなくなってしまいます。そこで、microSDHC規格対応カードもドライバソフトウェア「777-Team SDHC」を導入することで、使えるようになるという記事が、ウィルコムファンサイトW-ZERO3に出ていたので、microSDHC規格の8GBのカードを買ってきました。
前述サイトの説明を参考に、ドライバソフトをAdvanced/W-ZERO3[es]にインストールして、購入してきたカードを挿したところ、見事に認識が出来ました。8GBの広大なメモリーがAdvanced/W-ZERO3[es]上に出現しました。
さて、少し昨日アップさせたAdvanced/W-ZERO3[es]。益々使い勝手が向上したように思います。
実は、先週一週間、Advanced/W-ZERO3[es]のない中で、EMONSTERに浮気心が芽生えたこともあったのですが、1週間でAdvanced/W-ZERO3[es]が戻ってきた今、衝動を抑えた自分が偉いと思っています。